整形手術で悩み解決|美容皮膚科といった医療技術が活躍

ニキビの悩みを解消

レディー

美容目的での治療

美容皮膚科とは、美容目的での肌の治療を行う医療機関です。一般的な皮膚科と異なり、イボやただれなどの治療だけでなく、ホクロやシミの除去といった、肌を美しくするための治療も行われているのです。そのためニキビや、それが治った後に残るニキビ跡に悩む多くの人が、美容皮膚科での治療を受けています。美容皮膚科でなら、単にニキビを治すだけでなく、ニキビ跡を残さないような治療をしてもらえるからです。さらに美容皮膚科では、残ってしまったニキビ跡を消す治療も行われています。ニキビ跡には、赤みのあるものや茶色のシミのようなもの、膨らみのあるものやくぼんだものなど色々なものがあります。そのいずれも、美容皮膚科では目立たない状態にすることができるのです。また、繰り返しニキビができる人に対しては、それを防ぐための治療も施されます。つまり美容皮膚科に通っていれば、ニキビ跡のない、そして再びニキビが生じる可能性の低い、白く健康的な肌にしていくことができるわけです。

具体的な治療内容

美容皮膚科では具体的には、膿を出したり薬で炎症を抑えたりといったニキビ治療が行われています。ニキビ跡は、ニキビが悪化することで残りやすくなるので、早期のうちに適切な治療を施せば、防止できるのです。残ってしまった場合には、ダイオードレーザーや炭酸ガスレーザーで除去します。ダイオードレーザーとは、色の濃い部分に高熱を与えるレーザーです。これを肌に照射すると、ニキビ跡によって赤色や茶色に変色している部分のみが高熱で炭化し、はがれやすくなります。そして炭酸ガスレーザーとは、水分に高熱を与えることで、その部分を蒸散させるレーザーです。ニキビ跡で膨らんでいる部分や、くぼんでいる部分の周辺に照射すると、蒸散により肌を平らな状態にしていくことができるのです。そして繰り返し生じるニキビには、レーザートーニングやフォトフェイシャルという、広範囲にマイルドな熱を与える治療が行われます。これにより肌の新陳代謝が活発になり、肌は深部から健康な状態に生まれ変わりやすくなります。いずれの治療も、手軽な上に効果が高いため、注目されています。